仏教人生大学
お電話でのお問い合わせ(葬儀24時間電話相談):03-5879-4501
銀座キャンパス
資料請求・お問い合わせ
基本講座
仏教入門講座
聖典講座
教養講座
出張講座
外に出て学ぼう

Home トップページ  >  行事と講座  >  基本講座

基本講座

趣味なら学ぶ場があるのに、人生のもっとも大切な生老病死について学ぶ場がないのはおかしい。死は考えることを避けるべきことではなく、学び、語り合う場が必要 なのではないでしょうか。  仏教人生大学では「生老病死と向き合う心がまえ」を基本講座と位置づけ、「生について」、「老について」、「病について」、「死について」の四つの講座を用意しています。 仏教人生大学の基本講座になります。

死ぬ苦しみからの解放へのみち

<内容>
老病死の苦しみは必ず訪れる。死ぬ苦しみを避けようとして、ある作家は「安楽死」を望んでいる。ある評論家は「自殺」を選んだ。高齢社会の今、「あなたはどう死ぬのか?」が問われている。この講座では、死に最も関係の深い「がんという病気の現実」を題材にしていきます。
<趣意>
「がんという病気の現実」を題材にして「死ぬ苦しみとは何か」「死ぬ苦しみからの解放を成し遂げるとは」、そして「親鸞思想は生死の問題をどう説いたか」などを話し合いながら、それぞれが安心を探してゆくことにあります。がんの患者さん、家族のみなさん、そして、関心をもつみなさん、たくさんの参加をお待ちしております。

カテゴリ | 
講 師  | 野村病院緩和ケア顧問・武蔵野大学仏教文化研究所研究員 種村 健二朗
日 時  | <2019年度前期>
4月10日(水)13:30~16:00 がんという病気について
(がんという病気、その治療、5年生存成績など)
5月 8日(水)13:30~16:00 がん告知とは何か
(告知は何故行われるようになったのか。わが国のがん告知について)
6月12日(水)13:30~16:00 終末期医療の成立の意味
(ホスピス、ビハーラ、緩和ケア病棟の目的は何か。なぜ、作られたのか)
7月10日(水)13:30~16:00 死ぬ苦しみとは
(死を自覚したときの苦しみ、スピリチュアルな苦しみを中心に)
8月14日(水)13:30~16:00 死ぬ苦しみからの解放を成し遂げること
(痛みの治療が死ぬ苦しみを取り除かない。誰でも解放されてゆく)
9月11日(水)13:30~16:00 親鸞思想と死ぬ苦しみからの解放
(仏教文化に育まれた私たちは、仏教文化のなかで解放される)
場 所  | 銀座(銀座キャンパス)
老いと向き合うー仏教と福祉ー

<内容>
本講座は、仏教、特に親鸞聖人の精神を基本として、「老い」ということを学習し、この社会の中で生きるその心構えを皆さんと考察していきます。

<趣意>
本年度の上半期では、人間が「老いる」とはどういうことであるか、仏教や福祉から学ぶとともに、今、高齢者を取り巻く社会の状況も学習していきたいと思います。

カテゴリ | 
講 師  | 九州大谷短期大学講師、社会福祉士 中島 航
日 時  | <2019年度前期>
4月21日(月)13:30~15:30 オリエンテーション
5月19日(日)13:30~15:30 高齢社会を仏教の視点で生きるとは
6月23日(日)13:30~15:30 介護について①
7月28日(日)13:30~15:30 介護について②
8月18日(日)13:30~15:30 高齢者の心理①
9月15日(日)13:30~15:30 高齢者の心理②
場 所  | 銀座(銀座キャンパス)
「仏教の死生観」(老病死を見て世の非常を悟る)

<内容>
死があるからこそ生が輝くのではないでしょうか。釈尊は「老病死を見て世の非常を悟る」と説き、老や病、そして死が生とつながる無常の道理であることを示しています。
<趣意>
本講座では昨年度同様、釈尊の生涯に学び、限りある命を大切に生きる道を考えます。釈尊の人生は死が人生の完成でした。「生老病死と向き合う心がまえを仏教に学ぶ」という題目が示すように、各講座を貫く仏教の死生観について学んでまいります。

カテゴリ | 
講 師  | 仏教人生大学 理事長 井上 城治
日 時  | <2019年度前期>
4月17日(水)13:30~15:30 生まれた意義について 仏子誕生
5月15日(水)13:30~15:30 私はどこからきたのか 降兜率
6月19日(水)13:30~15:30 生老病死とは 四門出遊
7月16日(火)13:30~15:30 私はどこに帰るのか 仏に従いて本国へ帰せよ
8月28日(水)13:30~15:30 願いに生きる 信に死し願いに生きよ
9月25日(水)13:30~15:30 一つの場所で会う 倶会一処
場 所  | 銀座(銀座キャンパス)
往生 ー恩(めぐみ)の中をよろこびを以て生きるー

<内容>
恩師親鸞の言葉を繰り返し案じみて、しるされた『歎異抄』は、私たちの人生に何を語りかけるのか。じっくりと学びたいと思います。

<趣意>
『歎異抄』のお話も中ほどまで進みました。
今期は、念仏と喜びについて、親鸞と教え子唯円との対話の内容をたずねます。
よろこびをもって生きる往生を共に味わいましょう。

カテゴリ | 
講 師  | 九州大谷短期大学学長 三明 智彰
日 時  | <2019年度前期>
4月15日(月)13:30~15:30 『歎異抄』に学ぶ -唯円の問・念仏と喜び②第九条-
5月 1日(水)13:30~15:30 親鸞の答え-内観-
6月 4日(火)13:30~15:30 臘扇忌・鸞音忌兼修 苦悩の旧里-煩悩とともに-
7月 1日(月)13:30~15:30 親鸞の信心-身の事実と大悲-
8月 9日(金)13:30~15:30 義なきを義とす-不可称・説・思議-
9月10日(火)13:30~15:30 異なるを歎く心-歎異扁-
場 所  | 求道会館
仏教人生大学
資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(葬儀24時間電話相談):03-5879-4501
Copyright © 仏教人生大学 All Rights Reserved.

ページトップへ