仏教人生大学
お電話でのお問い合わせ(葬儀24時間電話相談):03-5879-4501
銀座キャンパス
資料請求・お問い合わせ
基本講座
仏教入門講座
聖典講座
教養講座
出張講座
外に出て学ぼう

Home トップページ  >  今日の法話  >  9月23日(土)毎朝のお経と法話の会

9月23日(土)毎朝のお経と法話の会

歎異抄


歎異抄・第九条

一 「念仏もうしそうらえども、踊躍歓喜のこ
ころおろそかにそうろうこと、またいそぎ浄土へまいりたきこころのそうらわぬ
は、いかにとそうろうべきことにてそうろうやらん」と、もうしいれてそうらい
しかば、「親鸞もこの不審ありつるに、唯円房おなじこころにてありけり。よく
よく案じみれば、天におどり地におどるほどによろこぶべきことを、よろこばぬ
にて、いよいよ往生は一定とおもいたまうべきなり。よろこぶべきこころをおさ
えて、よろこばせざるは、煩悩の所為なり。しかるに仏かねてしろしめして、煩
悩具足の凡夫とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれ
らがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり。また浄土へい
そぎまいりたきこころのなくて、いささか所労のこともあれば、死なんずるやら
んとこころぼそくおぼゆることも、煩悩の所為なり。久遠劫よりいままで流転せ
る苦悩の旧里はすてがたく、いまだうまれざる安養の浄土はこいしからずそうろ
うこと、まことに、よくよく煩悩の興盛にそうろうにこそ。なごりおしくおもえ
ども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、かの土へはまいるべきな
り。いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり。これにつ
けてこそ、いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じそうらえ。踊躍歓
喜のこころもあり、いそぎ浄土へもまいりたくそうらわんには、煩悩のなきやら
んと、あやしくそうらいなまし」と云々

本日の歎異抄・第九条 講義文
さらに親鸞聖人は、
久遠劫よりいままで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、いまだうまれざる安養の浄土はこいしからずそうろうこと、まことに、よくよく煩悩の興盛にそうろうにこそ。(真宗聖典六三〇頁)
このように、煩悩の所為というのがどれほど強いものかということを説かれてくるのです。「久遠劫」というのは、遠い遠い昔です。遠い昔から今まで、ずっと迷い続けてきた。その場所は、どういうところかというと、この娑婆です。その娑婆というのを、「苦悩の旧里」と書かれています。そこは、苦しみ、悩みに満ち満ちている故郷です。旧里というのは故郷です。久遠劫より今まで、ずっと迷い続けてきたところが自分の故郷です。それが苦悩の故郷であるという意味です。

(いささか所労のこともあれば 252頁後8行目~252頁後1行目)

仏教人生大学
資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ(葬儀24時間電話相談):03-5879-4501
Copyright © 仏教人生大学 All Rights Reserved.

ページトップへ